タイ式マッサージとは?

タイ式マッサージとは

タイ式マッサージは、指圧、ストレッチなどを組み合わせたマッサージです。 “セン ”と呼ばれるエネルギーラインに沿って、筋肉を揉みほぐし、緩んだ筋肉をストレッチでゆっくり伸ばしていきます。 痛気持ちいい刺激でゆっくりと時間をかけてマッサージするので “世界一気持ちいいマッサージ ” と言われています。また、ストレッチの中にはヨガから取り入れられた動きが多く、施術者の手を借りる形で無理なくストレッチを行う事から“2人でやるヨガ ” などと言われたりもしています。

肩こりや腰痛、関節痛などの肉体的な症状だけでなく、精神的な症状、美容・ダイエット効果なども期待できます。

タイマッサージとタイ式マッサージ、タイ古式マッサージの違いはこちらをご覧ください。
タイマッサージ?タイ式?タイ古式?

 

タイ式マッサージの歴史( ประวัติ )

シバゴー医師約2500年前(お釈迦様と同時代)、王家の専属医師でもあったシバゴー(ชีวกโกมารทัต = シーウォック ゴマラバー(ト))医師が現在の北インドで始めたとされています。シバゴー医師は、マッサージの技術だけでなく、薬草(サムンプライ)の医術的使用法についても精通していたそうです。

タイ式マッサージは、仏教とともにインドからスリランカを経てタイに伝わり、中国文化の影響を受け、発展してきたと言われています。

現在でも、タイ各地のお寺やマッサージ教育施設などで受け継がれ、病院やスパ、マッサージ店、ビーチ、路上などなど、様々なところで医療目的からリラックス目的まで幅広くタイ式マッサージが受けられています。

日本でもタイ式マッサージのお店や学校などかなり増えましたが、欧米やアジア各地でもタイ式マッサージ人気は高く、世界中の人々に親しまれています。

 

タイ式マッサージの効果(ประโยชน์ )

タイ式マッサージには、主に以下のような効果があります。

  • 血液やリンパ液の流れを良くする
  • 緊張をほぐす(精神的、肉体的)
  • コリや痛みを和らげる
  • 関節の動きを良くする
  • 皮膚にハリを与える
  • 胃腸の働きを良くする
  • 心身をリフレッシュし、リラックスさせる

タイの保健省では、タイ式マッサージの治療効果に注目して、病院内でタイ式マッサージを治療に応用する試みが行われています。その結果、腰痛・肩こり・頭痛・生理痛・喘息・高血圧・便秘・冷え性・アレルギーなど数十種類の症状に効果があることが分かってきました。

 

タイ式フットマッサージとは

タイ式フットマッサージは、中国式フットマッサージがベースになっています。
“中国・台湾式 ” は治療目的で行われる事も多く、強い痛みを伴う事があります。それに対して、“ 英国式 ” では痛みをストレスととらえるため、リラックスに重点が置かれています。 “タイ式 ” は “中国・台湾式 ” と “英国式 ” の中間くらいの痛気持ちいい刺激で、足裏から膝下までを揉みほぐします。